www.emoticonosanimados.com

外為取引のパターンには取引所取引という取引があります。平常の外為企業と商業取引を行うという行動を「店頭取引」と言うのですがこの取引は取引所を通過させないで取引の相手は外為取引(FX)企業になります。「取引所取引」という取引所はFX企業はとはいっても仲だちであり、直接の売買パートナーは取引所という訳になるのです。その違いをこの場でちょっと比べていきましょう。最初に「店頭取引」のケースは預け入れてあるお金はFX業者に統括されているのです。他方「取引所取引」のケース、こちらの証拠金は全金額取引所にデポジットしないとならないと義務にされているのです。そうすることにより万が一FX会社が破綻するような経験が例えあっても、取引所取引は取引所によってお金は全ての額防守されているということになります。前者の時はFX業者が管理しているから、場面によっては会社パンクの悪影響をに遭い託していたお金は擁護されずなのかもという可能性があります。また税金面からみても両者においては条項に差異が見受けられます。「店頭取引」では、変動利益やスワップポイントなどを雑所得として月給と合算して申し出をしなければいけません。しかるに確定申告せず大丈夫な時もあるらしいので我にマッチするかどうか注意深く確認をお願いします。もしかしてあなたが勤め人で年俸2000万円以下給与の所得の範囲を超えた儲けが20万円以下(2.3の事業者から賃金所得は無いということ)という取り決めを守っている状態でいるのなら特例として確定申告は不要でOKです。FX(外国為替証拠金取引)利益が20万円以上のケースは確定申告をしなければいけません。税の割合は手取りに従い5〜40%の6つの段階に分けられていて、実入りが高ければtaxも上がります。「取引所取引」においては、利益があった折はその他の稼ぎとは分けておいて「申告分離課税」のターゲットとなります。税率はすべて20%となるのですが、仮に足が出るのがはっきりしたのだったら「取引所取引」の利益として赤字分を翌年以降に繰越という事ができるのです。上記から見ても、「取引所取引」の方が価格が少ない税になる事もありますので照らし合わせてみて考えた方が良いと考えます。初心者の場合、株価の変動や円の状況に毎日配慮し、利益や欠損分に興奮するあまり、税金を支払わなければならないという物事を忘れたかのようになることもありますので、気をつけましょう。欠損分は困ります。でも、所得が上がれば税金も金額が値上がりするので注目と理解が重大でしょう。

Link

Copyright © 1996 www.emoticonosanimados.com All Rights Reserved.