あなた自身の体の調子がよくない時です

現実にノートパソコンの前に座っていつも変動している市場を見てしまうと注文をするという欲求に追い立てられる事も少なくありません。

だがしかし、不確かな思いつきで売り買いをすることは断じてしてはいけません。

確かに、外国為替相場は昼夜を問わず、いつでもどこかでマーケットが変化しているし、レートも常に変動しています。

だからといって、何回も注文をしているとその分マイナスになる危険性が上がります。

確かに売り買いの数を積む事で次第に勝ち負けの確率が半々になるのは周知の通りです。

しかしこれは「明確でない勘でトレード」してしまうこととは別の話です。

トレード回数を積み重ねるということは、自分が「ここだ!」と感じた時機を得られたうえでのトレード回数を積むという事です。

理由がなく、のべつ幕なし売買を重ねるのとははっきりと違います。

市場の勝負に勝利するためにはあなたが深く考えて緩急をつけることが不可欠です。

「ここはいける」とよく考えた為替相場の時には思い切って所持ポジションを多くして思い切り利益を追求します。

「ちょっと分からない市場で、どう動くのか理解できないな」と感じた時は売買ポジションをすべて諦めて何もせず静観します。

このぐらいの緩急をつけた方が最後にはトレードは成功します。

為替相場の格言には「休むも相場」というものがある。

まさにその通り。

外国為替相場とはいかなる時でも売買ポジションを持っていることが肝心な事ではなく、売買ポジションを所有せず静観していることも時には相場なのである。

では、どういう時に休む必要があるのでしょうか。

ひとつは、前述したように、今の相場展開が今ひとつ良く見えない時です。

今後どうなるのか明確でない時は、間違って判断すると、自身の思い描いた台本とは反対の方向に為替相場が変動してしまい、損失を被ることになる。

そのため、そういう場面ではポジションを閉じ、様子を見ているのがいいだろう。

第2に、あなた自身の体の調子がよくない時です。

体の調子と為替相場に関係ないと考える人もいるだろうが。

実際には思ったより関係あります。

健康状態がすぐれなければ市場の肝心な状況で正確な決断が難しくなります。

関心がわかない時は、取引から遠ざかる事も大事な事です。

Link

Copyright © 1996 www.emoticonosanimados.com All Rights Reserved.