負傷した人がいたならば危険ではない場所に移動して応急な手当

想像できずに急に出会うのが交通事故です。75-8-31

ここでどうやって作業するかにより自動車の保険料の支払金も全く異なるケースも想像されますので的確な判断力と対応が必要です。75-11-31

予想外のケースに遭遇して気が動転してしまったとしたら大事な場面を逃してしまいあなたが大損を負わされる状況も想像できるので乗用車の事故をした場面では正確に以下に述べる行動を行いましょう。75-7-31

車の事故をした場面で最も初めにする必要があるのは怪我をした方の確認です。75-18-31

乗用車の事故後は動揺して虚脱状態になってしまうことがありなかなか行動できないのが当たり前です。75-14-31

その場合、負傷した人がいたならば危険ではない場所に移動して応急な手当を施し周囲の人に助けを呼ぶなどして負傷者最優先に努めることが重要です。75-19-31

救急車に連絡する時ははっきりと事故があった場所を知らせて、不明確な場合には辺りの目に留まったスーパーや交差点を知らせ事故の現場の住所が分かるようにします。75-12-31

その後に110番へ連絡し自動車事故があった旨また現状を説明します。75-13-31

救急車とパトカーが来るのを待つ間に相手側の内容を確認します。75-9-31

氏名、住んでいるところ、連絡先、ナンバープレート、事故の相手側の自動車保険会社という各々のことを言います。75-4-31

この場面で事故の相手方にミスがある状態では、すぐに片付けようとする状況がありますがその場所で片付けるのではなくどんな風なケースであっても110番や保険の会社に連絡して正しく調査してもらうようにしましょう。

互いの情報を教えたら他の交通のじゃまになることをやめるために邪魔な物を道の上から取り去ります。

もしも邪魔な物が他の人の交通の障害になっている場合は自分と相手の情報交換をする前にその作業を行うことは大丈夫です。

ここで自らの掛金を支払っている車の保険会社に連絡を入れ、交通事故があった旨を報告します。

事故から特定時間内のうちに自動車の保険会社に連絡を入れないと自動車の保険の適用除外にされる状況も想定されるのでできるだけ速やかに連絡を入れることが必要不可欠です。

さらに事故の現場の証拠になるようにカメラや携帯電話のカメラ等を使って事故や自動車の破損の写真を撮影しておきます。

これは過失の割合決めるかなり重要な糸口となりますので自身の自動車や相手の乗用車の状態をしっかりと写真に残しておくことが大切です。

この際に目撃者がいたのなら警察の方や自動車保険会社の人が着くまで事故現場に待っていて頂けるように依頼するのも大切です。

Copyright © 1996 www.emoticonosanimados.com All Rights Reserved.
75-17-31 75-10-31